女の人

敏感肌に優しいアイテム|美肌を目指そう!

長持ちさせるコツ

目元

目をぱっちりと大きく可愛くした後は、まつげエクステの持ちを良くする為にもお手入れを心がけることが必要です。初めてまつげエクステを付けたときは、気になるからとエクステを触ってしまいがちですが、使用したグルーが完全に乾くまで触らないように注意しましょう。

もっと読む

安全にバストを大きく

測定

女性ホルモンに近い性質を持つイソフラボンをサプリメントで摂取すると、バストアップ効果が出てきます。しかし過剰摂取をすると、乳ガンや子宮ガンの発症リスクが高くなることもあります。ところがイソフラボンを配合したクリームなら、過剰摂取の心配がなく安全です。また、保湿成分により美肌効果も出てきます。

もっと読む

刺激を受けにくい肌へ

クリーム

バリア機能を高める

肌タイプはいくつか分類されますが、その中でも敏感肌は化粧品選びに苦労することがあります。使用するものによっては肌がピリピリしたり、赤くなったりする場合があり刺激を感じてしまうのです。敏感肌の原因はいくつか考えられますが、多くの場合は皮脂や水分が過剰に不足することによって起こると考えられます。皮脂や水分が適度にあることで、肌表面を保護する力を発揮します。それはホコリや紫外線、化粧品などからの刺激を和らげる能力なのです。これはバリア機能といいますが、敏感肌の方はこのバリア機能が正常に働いていない状況といえるでしょう。そこで、バリア機能を高めるためのセラミドやコラーゲンなど保湿成分の入った化粧品を使うことがポイントになります。敏感肌は治らないと諦めずに、改善させる方法を探ることが大切ではないでしょうか。

保湿性の高い化粧品を使う

敏感肌にとって刺激は大敵なので、できるだけ優しく肌に触れることが基本です。決して摩擦を与えたり、強い力でパッティングしないように心がけましょう。心身ともに落ち着いて、リラックスした状態でスキンケアを行うといいかもしれません。敏感肌は皮脂や水分が不足しているため、保湿性の高いスキンケアを使用するといいでしょう。たっぷりと化粧水を肌に優しく馴染ませ、その後は乳液やクリームを必ずぬります。それはせっかく肌に馴染ませた化粧水の水分が、蒸発してしまわないためです。乳液やクリームでしっかりとフタをすることが大切です。また冬は乾燥の季節なのでしっかりと保湿することは必須ですが、夏もクーラーなどで乾燥してしまいます。乾燥肌の方は、季節問わず保湿をしっかりと行いましょう。またファンデーションなども保湿性の高いものを選び、敏感肌を改善させるような正しい化粧品の使い方をしてください。

お肌に潤いを与えるために

基礎化粧品

肌に潤いを与えて保湿する上で欠かせないのは、スキンケアアイテムの化粧水です。しかし、一言で化粧水と言ってもさまざまなタイプが存在しています。年齢や肌質、求める効果などの目的に合わせた種類を選ぶことで、より高い効果を得やすくなります。

もっと読む