ウーマン

敏感肌に優しいアイテム|美肌を目指そう!

安全にバストを大きく

測定

イソフラボンをバストに

イソフラボンは、バストアップ効果があることから、サプリメントでよく摂取されています。イソフラボンは、植物性エストロゲンと呼ばれているほど、女性ホルモンのエストロゲンに近い性質を持つ成分なのです。そのため摂取すると、体は女性ホルモンがさかんに分泌されているような状態になり、バストアップ効果が出てくるわけです。昨今ではこのイソフラボンが、肌に塗るクリームに配合されるようになっています。サプリメントの場合、効果は全身に分散されますが、クリームの場合は、塗った箇所にのみ効果が出てきます。つまり多くのイソフラボンをバストに直接与えることができるわけですから、その分効果が出やすいのです。また、コラーゲンやセラミドといった保湿成分も配合されていることが多く、それにより美肌効果も期待できるようになります。

過剰摂取の心配がない点

イソフラボンを摂取しすぎると、乳ガンや子宮ガンの発症リスクが高くなる可能性があります。なぜならこれらの病気は、女性ホルモンが活発に働きすぎることで、バストや子宮で過剰に細胞分裂がおこなわれることが原因だからです。そのためイソフラボンのサプリメントは、過剰摂取にならないよう気をつけて飲むことが大事とされています。ところがクリームだと、肌に吸収される量に限りがあるので、過剰摂取の心配がありません。もちろんバストにのみ塗っている場合には、子宮に悪影響を与える心配もないのです。つまりクリームなら、より安全にバストアップ効果を得ることができるわけです。特に、女性ホルモンを補充する治療を受けている人の場合は、発症リスクが高まりやすいので、バストアップにはクリームを利用することが大事とされています。